「成長に伴い生じる問題(年商3億)」の記事一覧

株主および持株比率の調整

著者:兵頭始税理士事務所 税理士 兵頭始 会社の価値(株式の値段)は、会社を設立した後の業績によって常に変動します。 会社を設立する際に親族や友人に出資してもらった場合、 会社の純財産(財産から債務を差し引いた金額)のう・・・

投資した年度で経費になるのは、減価償却費として算出されたわずかな金額だけ

著者:兵頭始税理士事務所 税理士 兵頭始 中小企業投資促進税制『資本金が1億円以下の会社だけの特例』 ■ 対象設備 ・一台160万円以上の機械装置 ・コンピューター(一年度の合計額で120万円以上) ・デジタル複合機(一・・・

交際費支出の増加

著者:兵頭始税理士事務所 税理士 兵頭始 会社の規模が大きくなれば通常は営業活動が拡大するため、 交際費の支出が増加するのが一般的です。 交際費は税務上の費用として扱われるための限度額が設けられており、 その限度額は売上・・・

役員にも賞与を支給したい

著者:兵頭始税理士事務所 税理士 兵頭始 役員に支給する賞与を税務上も費用にする方法 事前に確定させた金額を支給する旨を、あらかじめ税務署長に届けた場合には、 原則として 税務上も費用となります。 ↓     ↓    ・・・

予定より多額の利益が出てしまいそうなとき

著者:兵頭始税理士事務所 税理士 兵頭始 期末賞与 ⇒期末までに支払ができない場合でも、期末までに支払う金額を本人に通知して、 かつ期末から1ヶ月以内に支払えば支払っていなくても、その年度の費用とすることができます。 中・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ