「2012年12月」の記事一覧

1年分以内の前払費用

著者:兵頭始税理士事務所 税理士 兵頭始 支払った金額のうち翌年度に対応する金額は、 本来は支払った年度では費用とすることはできませんが、 継続して費用処理することを条件として、 支払った年度の費用とすることができます。

消耗品

著者:兵頭始税理士事務所 税理士 兵頭始 事務用消耗品や作業用消耗品、広告宣伝用パンフレットやカタログ、 包装資材などを「1年間で使用する量」以下の量を購入した場合は、 年度末に残っているものも在庫品として資産計上しない・・・

上場有価証券の評価

著者:兵頭始税理士事務所 税理士 兵頭始 上場有価証券の年度末の時価が、 会社の帳簿に記載されている金額の50%未満で、 かつ近い将来時価の回復が見込まれないときは、 帳簿に記載されている金額と年度末の時価との差額を、 ・・・

会計基準と税法の違いが拡大したことによる会計の複雑化

著者:兵頭始税理士事務所 税理士 兵頭始 ①中小企業でも会社の状況を正確に表すために、 税法とは異なった企業会計の基準によって経理・決算を行うことが要求されつつあります。 ②中小企業で導入すべき会計基準が「中小企業の会計・・・

在庫の評価

著者:兵頭始税理士事務所 税理士 兵頭始 ①低価法による在庫評価 商品や材料の評価方法として「低価法」を選択する旨の届出をすれば、 商品や材料の年度末の価格が買ったときの値段を下回った場合に、 期末の価格で在庫の金額を計・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ